>

綺麗に収納するための裏ワザ

少ない量を収納しよう

収納スペースを窮屈な状態にさせていると、湿気がすぐに溜まってカビが発生します。
カビが発生すると除去するのは難しいので、最初から発生させないように意識してください。
そのためにできることは、大量のものを収納スペースに詰め込まないことです。
住宅の中にはクローゼットや押し入れなど、いくつかの収納スペースがあると思います。

1か所にものを詰め込まないで、バランス良く収納スペースを使いましょう。
すると、満杯になることを回避できます。
空間を作るだけでも、収納スペースが乾燥するので湿気対策になります。
すぐに湿気が溜まって困っている人は、ものを大量に詰め込んでいることが原因かもしれません。
収納スペースを、今すぐ見直してください。

収納スペースがない場合

空間を作ろうと思っても、ものが大量にあると難しいかもしれません。
まずは、収納するものを決めてください。
押し入れやクローゼットの中身を全部出して、必要なものと不要なものに分けましょう。
当時は必要だと思って残しておいたものでも、今見ればいらないと感じるかもしれません。
何のために残しているのか、わからないものも捨てましょう。

ものをある程度処分すると、スッキリ収納できるようになります。
本当に必要なものだけを残して、後は処分してください。
もったいないと感じるでしょうが、ずっと使わないものを残していても無駄です。
少ない量なら収納スペースにしまっても、空間を十分に確保できるので湿気が溜まる心配はありません。


この記事をシェアする