あなたの平穏な生活に、無用な波風を立てないようにするためのの知恵

>

風評被害を回避するためには

ネット情報に、目をふさいでいられますか?

ネットの被害など気にしないという人もいるかもしれません。
それで誰かに後をつけられようが、客足が遠のこうが、自分に自信を持った生き方をしていれば、どうでもいいという人です。
そんな強い人ならばいいですが、誰もがみんな、あずかり知らぬことと知らん顔して、強く生きられるわけではありません。

1度、広まってしまった情報は、なかな消すことはできません。投稿元を消したとしても、それは他の手段で、コピー&ペーストされて、拡散するのです。

そして、例え情報を否定したとしても、その否定したコメントが、偽情報を読んで勘違いした人たちの耳目に届くのかというと、そうとは言いきれないのです。
そんな時に完全に情報を追って、風評を消し去ってくれる業者があります。

ネット上の悪評を消してくれる

これらの業者は、ネット上にある誹謗中傷のテキストを一定のアルゴリズムで見分けるシステムを利用し、そこに該当する個人名、会社名、店名を含んでいるものを発見したら、それらの削除依頼を行います。

特に匿名掲示板の場合、その情報の信頼性が薄いことも鑑み、管理者に削除依頼を出せば、悪意のある書き込みなどの削除対応を行ってくれます。ただし、削除が即日、行われるケースは稀です。下手すれば1か月以上、かかるかもしれません。その間に情報が拡散してしまうことも。

そのうえ、言論の自由という主張で、削除されないこともあります。
そうした時、次善の策として取られるのが、誹謗中傷をしているサイトが検索で上位に出ないようにすることです。

とにかく、対策は早くすればするほど、言われない情報が拡散することを防ぐことができ、いつまでも消せないネット上の跡として残り続けることもないでしょう。


シェアする